2017年も強さが発揮できるCervelo!




 
ハワイアイアンマンで常にシェアナンバー1を獲得し、 トライアスロンバイクのトップブランドとして頂点に君臨し続ける『 cervelo(サーヴェロ)』。 そしてそのサーヴェロがPシリーズの頂点を塗り替える新型バイク『 P5X 』を発表しました。 3年間の研究とデータ分析を通し、新たなパーソナルベストの創造に注いできたエンジニア達の努力の結晶。 最先端の技術が駆使された史上最速クラスのトライアスロンバイクがP5Xです。 キーワードは『 ~ パーソナルベスト ~ 』 P5Xはレース当日だけでなく、トレーニングや移動も含めた【 トライアスロン体験のすべて 】を向上させるため、 システム工学的アプローチを踏まえて【 トライアスロン専用 】として設計されました。 制約のないデザインとディティールへのこだわりによって、 トライアスリートの ~パーソナルベスト~ を導き出します。
販売は完成車で行われ、スラムRED eTap+エンヴィSES7.8仕様と、シマノULTEGRA Di2+HED Jet 6/9 Plus仕様がラインアップされる。サイズはS、M、L、XLの4種類。
税別価格:1,900,000円(RED eTap仕様)、1,400,000円(ULTEGRA Di2仕様)
 

















    何も言う事はなし?








R-3  アルテグラDi2 価格¥700,000      アルテグラ 価格¥570,000














P-2  105完成車 価格¥450,000         R-2   105完成車 価格¥430,000         
   
                 Sシリーズ ぞくぞく上陸!
  
 


 
       2016年モデル R-3、R-2、P-2のシンプルデザイン!
 




_______________________________________
                究極のエアロロード  S5
 
S5     ***リニューアルしたベーシックモデルのS5***

新しいS5は昨年リリースされたS5 TEAMと同様の設計となった。フレーム単体重量は1160g(サイズ54)と、S5VWDに比べ170gほど重量増となるが、このボリュームのあるフレーム形状を考慮すれば十分に軽量に仕上がっている。ドロップド・ダウンチューブはフロントホイールとのクリアランスをぎりぎりまで接近させることで、乱気流の発生を抑える効果がある。そしてカットアウトシートチューブ、チェーンステー、オリジナルシートポスト、ボトル台座に至るまで空気抵抗軽減を考慮したデザインとなる。時速40kmで走行した場合、約9~32ワットのパワーセーブが見込めたという実験結果をたたき出している。
さらにBBrightの恩恵も、バイクの運動パフォーマンスに大きな好影響をあたえているだろう。クランクもアクスル径30mmの大口径軸を用いることで、さらにパワー伝達性能を向上させている。PシリーズとRシリーズのテクノロジーを搭載したS5は紛れもなく万能系のエアロロードといえる。
 

                     サーヴェロ R2   105(5800)仕様完成車!
 
     ロードバイク・インプレッション2015で最高評価を頂いております!


今回のR2はジオメトリー・フレームはR3と同じ、フォークはR2専用がセッティングされている。サーベロの最近の傾向であるフォークによるグレード分けと乗り味の差別化となっているかと思われる。完成車としてのリリースだが、アッセンブルは、メインコンポーネントに5800系105、その他3T、FSAなど、プロレベルの走行性能とコストパフォーマンスを両立した最新モデルです。   価格¥380,000(税抜)  新価格¥430,000(税抜)

 
      サーヴェロで戦うガーミン・シャープを全力で応援いたします!
 2015 MODEL上陸! 今ならサイズが豊富です!


■NEW S3 フレームセット  
■NEW R3 フレームセット  

比較的日本人の体格にマッチしやすい小さめのフレームサイズが一通り入荷しております。
レースシーンで大活躍のトップブランド、サーヴェロをぜひお試しください。

組み方自由!自分の考えで自転車自由人で乗ってください!

        サーヴェロ S2特別仕様車   105(5800)仕様完成車!

 さわやかな!NewS2、特別仕様の105(5800)完成車で、リーズナブルな価格帯で発売。カラーもブルーで新鮮味があってベストな1台です。ガーミン・シャープの走りを支えるサーヴェロ。2014年にモデルチェンジしたエントリーエアロロード「S2」に新型シマノ105+イーストンホイールEA-70を装備した数量限定の特別仕様車が登場です。

Sシリーズは、究極の空力性能を実現するエアロロードバイクシリーズだ。ロードバイクとして突き詰められたエアロダイナミクスがSシリーズの最大の特徴であり、それに採用される様々なエアロテクノロジーによって、典型的なロードバイクよりもライダーのパワーを最大32ワットもセーブすることができる。また、BBrightによって実現される素晴らしい剛性は、まるでカタパルトから射出されたような爽快な加速性能を実現し、あなたが全力でペダリングを行ったエネルギーを余すことなくスピードへと変換してくれる。「NEW S2」はガーミン・サーヴェロのライダーが愛用するミドルグレード「NEW S3」のフレームに、専用のFK40フォークを組み合わせたモデル。空力性能に加え走行性能も高められており、従来モデルとの比較でヘッド剛性32%アップ、BB剛性20%アップを実現した。一方で、快適性にも配慮され、オールラウンドモデルのRシリーズのテクノロジーを流用しエアロロードにありがちな縦方向の硬さを低減。振動吸収性やトラクションをも向上させている.

             cervelo ツール・ド・フランス100周年記念限定モデル発売!

 cervelo

S5-LE-3-4.jpg
今年で100周年を迎えるツール・ド・フランスを記念したサーヴェロの限定モデル
「 S5 チームリミテッドエディション (完成車) 」が発売です!!

フレームは、細部に至るまで空気抵抗軽減が考慮されたエアロフレーム「 S5 」をベースにしており、 ツール・ド・フランス100周年を表す「100」のデカールをトップチューブにデザイン。 ダウンチューブのサーヴェロロゴとフロントフォーク内側には、ガーミン・シャープのアーガイル柄がデザインされており、 今年のツール・ド・フランスで、ガーミン・シャープの選手達が同じデザインのS5を使用する予定になっています。
クランクにはRotor 3D+、メインコンポにはシマノ Dura-Ace Di2(9070シリーズ)を採用し、ホイールセットはMavic Cosmic Eliteを装備した実戦仕様。 アッセンブルされるハンドル・ステムは青いスペシャルカラーとなります。

気になる価格は、ツール・ド・フランス100周年にちなみ 世界限定150台限りの販売となります。

-------------------------------------
cervelo  S5 チームリミテッドエディション(完成車)
   サイズ:48、51、54、56

《スペック》
フォーク:Cervelo FK26 UL
ヘッドセット:FSA IS3 Standard
シートポスト:Cervelo Aero UCI2 seatpost
ステム:3T ARX TEAM Blue
ハンドルバー:3T Ergonova TEAM Blue
サドル:Fizik Antares
タイヤ:Vittoria Diamante Pro Light 23mm
ホイールセット:Mavic Cosmic Elite
カセット:Shimano Dura-Ace CS-9000 11-25
チェーン:Shimano Dura-Ace CN-9000 114L
フロントディレイラー:Shimano Dura-Ace Di2 FD-9070-F
リアディレイラー:Shimano Dura-Ace Di2 RD-9070
シフトレバー:Shimano Dura-Ace Di2 
ST-9070 クランクセット:Rotor 3D+ 110BCD 52/36T
ブレーキ:Shimano Dura-Ace BR-9000

※スペック・仕様などは予告なく変更となる場合がございます。
※世界限定150台のみの発売となる都合上、国内への入荷数も極めて限られる見込みとなっております。 ご注文のタイミングによっては、ご希望に添えない場合もございますがご了承ください。     
 

 Cerveloの魅力! (R、S、P)
        
      Rca  フレーム重量667gを実現した超軽量エアロロードバイク!
    • Rca

Rca

Rca

Rca

Rca

Rca

Project Californiaが生み出した超軽量エアロフレーム

サーヴェロの持つ全ての知識が注ぎ込まれた"究極の超軽量バイク"として2011年に登場したR5ca。しかし、それが終着点ではないことを強烈に印象付けるモデル「 Rca 」が遂に発表となった。

RCAに採用される「スクオーバル3™」は、従来までRシリーズに採用されていたフレーム形状「スクオーバル」を進化させたテクノロジーで、軽量かつ剛性の非常に高いフレームに、従来までのモデルと比較して7.4ワット分の消耗を抑えるという高いエアロ効果を付与。エアロダイナミクスを著しく向上させながらフレーム重量667g(54サイズの平均重量)を実現した事実こそがサーヴェロ社の技術力の高さを証明となり、カルフォルニアに有するラボが"世界でもっとも先進的なバイクを生み出すことができる場所"なのだと言っても過言ではないのである。

さらに驚くべきトピックスは、フォークコラムにある。「Integran/PowerMetal Nanovate™」と呼称されるこのテクノロジーは、超軽量に仕上げられたカーボンコラムの表面に金属を薄くコーティングすることで、重量を増すことなく更に強度を高めることに成功した。

また、BB周辺にはパワーメーター用のマグネットが内蔵され、クランクタイプのパワーメーターで一般的なものであれば、即座に利用可能である。

『ロードバイクとトライアスロンバイクにおいて、常に業界のリーダーであること』を企業理念に掲げるサーヴェロ社が送り出す象徴とも呼べるモデル、それがこのRCAである。

===========================================
======================================
R3

 

厳しい状況であっても実力を発揮する名機

パリ〜ルーべにおいて過去6年の間に3回の勝利と6回の表彰台を獲得しているR3もリニューアル。長らくハイエンドモデルを担ってきたこの名作も、トップダウンしお求めやすい高性能バイクへとシフトしています。ヨハン・ファンスーメレンが2011年のパリ〜ルーベで勝利していますが、彼は、過去にR3を使用してパリ〜ルーベで勝利したファビアン・カンチェラーラとスチュアート・オグレディのように単独で圧倒的な逃げ切り勝利を収めています。事実2006年にリリースされてからは毎年、R3は世界のもっとも過酷なレースの表彰台に立ち続けているのです。
今日まであらゆる状況で軽量化が提案されている間、R3は強度、剛性、快適さを最適化するため設計されてきました。プロジェクトカリフォルニアの研究に基づいてスマートウォールは、第2世代のスクオーバルチューブにおいて、もっとも必要とされる部位に材質を設置し、必要のない部位からは省くよう設計し、余計な材料(重さ)をカットしました。そして今までのR3よりもさらに軽量に仕上がっています。
また、NEWフォークはテーパードステアリングチューブによってダウンヒルとコーナーワークの信頼性を高めています。そしてBBrightを導入し剛性は次のレベルに到達しています。

今年は105で!!Rシリーズのフォルム、好きです。
美しいとは、このことだ!
======================================
S5 VWD

エアロロードバイクの最高峰

最上級クラスのS5 VWDは、1,000g以下(S5より270g軽量)という軽さを実現しています。Pシリーズのエアロロードテクノロジーと、R5 CAを生み出したプロジェクトカリフォルニアのテクノロジーという相反する分野の性能を両立しました。
タイムトライアルバイクから培ったエネルギーを節約するエアロダイナミクス効果は、平坦のレースで体力を温存しつつ鋭い攻撃が可能になります。また、優れたねじれ剛性は高速ダウンヒルと厳しいコーナリングに対して効果的です。さらにロングライドにも適した快適性能も兼ね備えています。
R5の技術であるBBrightを導入することで、ボトムブラケットの強度、剛性アップを実現しました。シングルベンドケーブルはストレスなく軽快で正確なシフティングへ導くでしょう。サーヴェロがもつ空力的知識のすべてがこのS5VWDに集約されています。フレームセットの他に、シマノ デュラエース Di2、スラム レッドをアッセンブルしたコンプリートモデルを用意しています。フレームはシマノ Di2コンポーネントとコンパチブルです。

納車された方から聞くと前に乗っていた自転車も併用して使おうって思ってたら
サーベロにした瞬間、前のにまったく乗らなくなって売っちゃいましたとのことです。


S5    完成車のアルテグラDi2 

S2

ロングセラーの万能エアロフレーム

サーヴェロの代名詞であるエアロダイナミクスを備えた、もっともオールラウンドなバイクがS2です。優れたエアロ効果を発揮するケーブル処理機構のICS3システムを導入したことで、今もなおトップレベルの実力をもっています。エアロダイナミクス、重量、剛性バランスのすべてが優れているS2であれば、どんなシチュエーションでも最高のパフォーマンスを発揮します。またコストパフォーマンスの面においても、非常に完成度が高いバイクといえるでしょう。コンプリートモデルとして、スラム ライバルをアッセンブルし価格も抑えています。近年は似たようなバイクを多く見かけますが、性能においてS2は他のバイクの追随を許さないでしょう。


サーベロは一味も二味も違います。カーボンは奥深い素材です。奥の深さで言ったらサーベロは、本当に凄い深さです。数ピースでもできちゃうカーボンフレームだけど、、サーベロは最低でも120ピースです。しかもカーボンのメーカーも1社でなく、適材適所にそれぞれのカーボンを使ってます。