アウトドアが気持ちいいシーズン。自転車があれば行き先はもっと広がるはず。お気に入りの1台を見つけて、風になってみませんか。
  FELT Road&GT Grade Series 2017Model!

 
_17_FR_3_Matte_Carbon_Orange_c     
  フレーム形状を見直した万能型ロードバイク「FR」シリーズ 
 
FR FRDFR FRD

FELTのロードバイクは今まで、純レーサーの「F」シリーズと、エンデュランス系の「Z」シリーズに分かれていました。今回発表された「FR」シリーズは、Fシリーズの後継と言えます。同時に、Zシリーズが持っていた特徴も、一部踏襲しているようです。

一方でZシリーズは廃止され、新たに「VR」シリーズというディスクブレーキ搭載のエンデュランスロードが登場しています。そちらについては別記事で紹介します。

 

17_FR_white_paper

Fシリーズから変化している点のひとつが、ジオメトリーです。Fシリーズは昨今のロードバイクとしてはヘッドチューブが短く、ロードレーサーらしい低く構えたポジションを取ることができるフレームでした。

しかし、このFRシリーズでは、ニュースリリースに『プロライダーにとって短い場合が多かったヘッドチュ ーブ長をより多くのライダーにフィットするよう最適化』という一文があります。プロの選手でも、以前より長めのヘッドチューブ長が好まれるということなのでしょうか。

17_FR_rear_shot_2

フレームは、リアエンドに垂直方向の柔軟性を与えて接地性を高めて推進力のロスを防ぎ、振動吸収性を向上させています。また、左右のシートステー間隔を広げ、横剛性も向上。

17_FR_brake

リアブレーキはBB付近に。これにより、シートステーのブリッヂが廃されています。

17_FR_HeadsetBearings

フレームサイズごとに性能を最適化するという取り組みは、今はどこのメーカー・ブランドでも行っていると思いますが、FELTはこのFRシリーズで「フレームサイズによってヘッドチューブのロワーベアリング径を変える」ということをしています。小さいサイズのロワーベアリングは1-1/8インチ、真ん中のサイズは1-1/4インチ、大きなサイズは1-1/2インチです。

FR 1FR 1

FRシリーズにディスクブレーキモデルは用意されませんが、そのフレームは電動コンポーネントやワイヤレスコンポーネントにも対応、そしてタイヤクリアランスは28Cまで確保されており、幅広いニーズを満たします。

カーボンフレームのFRシリーズは、フレームセットと完成車をラインナップ。フレームセットで販売されるのは下記の2モデルです。

●FR FRD(フレームセット) フレーム:UHC Ultimate+TeXtreme Carbon サイズ:430、470、510、540、560 カラー:マットテクストリーム フォーク:UHC Ultimate+TeXtreme Carbon 重量:N/A 価格:468,000円(税別)

●FR 1(フレームセット) フレーム:UHC Advanced+TeXtreme Carbon サイズ:430、470、510、540、560、580 カラー:マットテクストリーム フォーク:UHC Ultimate+TeXtreme Carbon 重量:1.2kg(540) 価格:288,000円(税別)

つづいて、カーボンフレームの完成車ラインナップです。

●FR 2

FR 2FR 2

フレーム:UHC Advanced+TeXtreme Carbon コンポーネント:Shimano Ultegra Di2 ホイール:MAVIC Ksyrium Elite サイズ:430、470、510、540 カラー:マットテクストリーム フォーク:UHC Ultimate+TeXtreme Carbon クランクセット:Shimano Ultegra w/Pioneer Power Meter 52/36T タイヤ:MAVIC Yksion Pro Griplink 25mm 重量:7.34kg(540) 価格:698,000円(税別)

●FR 3

FR 3FR 3

フレーム:UHC Advanced+TeXtreme Carbon コンポーネント:Shimano Ultegra ホイール:Shimano WH-RS21 サイズ:430、470、510、540、560 カラー:マットカーボン フォーク:UHC Advanced+TeXtreme Carbon クランクセット:Shimano Ultegra 52/36T タイヤ:Schwalbe DURANO RaceGuard 700c x 25c 重量:7.71kg(540) 価格:348,000円(税別)

●FR 5

FR 5FR 5

フレーム:UHC Advanced Carbon コンポーネント:Shimano 105 ホイール:Felt Road RSL3 サイズ:430、470、510、540、560、580 カラー:レッド フォーク:UHC Advanced Carbon クランクセット:Shimano 105 50/34T タイヤ:Schwalbe Lugano HS 471 700c x 25c 重量:7.98kg(510) 価格:248,000円(税別)

●FR 6

FR 6FR 6

フレーム:UHC Advanced Carbon コンポーネント:Shimano Tiagra ホイール:Felt Road RSL3 サイズ:430、470、510、540、560 カラー:マットピューター フォーク:UHC Advanced Carbon クランクセット:Shimano Tiagra 50/34T タイヤ:Schwalbe LUGANO K-Guard 700c x 25c 重量:8.31kg(510) 価格:218,000円(税別)


 フレーム形状を見直した万能型ロードバイク「FR」アルミモデルのラインナップ  
FR 30
FR 30

 

アルミフレームではサイズごとに専用のアルミパイプ(6061アルミ)を用意、柔軟性を持たせたシートステーもカーボンモデルと共通のイメージですし、タイヤクリアランスも28Cまで対応します。

17_FR_30_Matte_Red_brake

ただし、アルミモデルではブレーキがシートステーの一般的な位置に設けられています。

また、フレームサイズによりヘッドのロワーベアリング径が違うのは、アルミモデルも同様。ただしカーボンフレームでは3つの径が使い分けられているのに対して、アルミモデルのうち下位2モデルのFR 50とFR 60は、小さいサイズが1-1/8インチ、大きなサイズが1-1/2インチと、2種類の使い分けです。

●FR 30

(上の赤いフレームの写真)

フレーム:SuperLite Custom バテッド 6061 アルミニウム、BB386 ボトムブラケットシェル フォーク:UHC Advanced カーボンモノコック、カーボンコラム コンポーネント:Shimano 105 クランクセット:Shimano 105 50/34T ホイール:Felt Road RSL3 タイヤ:Schwalbe DURANO RaceGuard、700c x 25c サイズ:430、470、510、540、560、580 カラー:マットレッド 重量:8.59kg(540mm) 価格:178,000円(税別)

●FR 40

FR 40FR 40

フレーム:SuperLite Custom バテッド 6061 アルミニウム、BB386 ボトムブラケットシェル フォーク:UHC Advanced カーボン、アルミニウムコラム コンポーネント:Shimano Tiagra クランクセット:Shimano Tiagra 50/34T ホイール:Felt Road RSL3 タイヤ:Schwalbe DURANO RaceGuard、700c x 25c サイズ:430、470、510、540、560、580 カラー:マットチャコール 重量:8.96kg(540mm) 価格:148,000円(税別)

●FR 50

FR 50
FR 50

フレーム:SuperLite Custom バテッド 6061 アルミニウム、スレッド BSA ボトムブラケットシェル フォーク:UHC Performance カーボン、アルミニウムコラム コンポーネント:Shimano Sora ホイール:Felt Road RSL3 クランクセット:Shimano R345 50/34T タイヤ:Schwalbe Schwalbe LUGANO K-Guard、700c x 25c サイズ:430、470、510、540、560、580 カラー:マットオレンジ 重量:9.66kg(560mm) 価格:128,000円(税別)

●FR 60

FR 60FR 60

フレーム:SuperLite Custom バテッド 6061 アルミニウム、スレッド BSA ボトムブラケットシェル フォーク:UHC Performance カーボン、アルミニウムコラム コンポーネント:Shimano Claris クランクセット:Shimano RS200 50/34T ホイール:Felt Road RSL3 タイヤ:Felt All Weather Road Design、Wire PRB、700c x 25c サイズ:430、470、510、540、560、580 カラー:シアン 重量:9.95kg(510mm) 価格:99,800円(税別)

================================================

 
17_VR3_TGN_FA_c  

ディスクブレーキ採用のマルチロード「VR」カーボンモデル

FELTの2017年モデルとして、ディスクブレーキ搭載のロードバイク「VR」シリーズが発表されています。従来のエンデュランス系ロードバイク「Z」シリーズに替わるもので、FELTではこのニューモデルを「さまざまなライディングシーンに対応するために開発されたマルチロードバイク」と位置付けています。

VR1

Zシリーズのジオメトリーを引き継ぎつつ、VRシリーズではダートや通勤での使用も想定し、スタックハイトが高く、より上体の起きたアップライトなポジションとしています。

 

17_VR3_TGN_FA_rear

垂直方向の柔軟性を高めたシートステーが、優れた振動吸収性と路面追従性を発揮。一方で横剛性は、レーシングモデルと同等に高められているとのこと。

White paper tire clearance VR

フレームのタイヤクリアランスは、Zシリーズよりも広く取られており、幅30mmのタイヤまで許容。

17_VR30_mat_cyan_axle

一部のアルミフレームモデルを除き、前後とも12mmスルーアクスルを採用しています。

ステアリングコラム径は、アルミフレームの一部モデルを除き、小さいフレームサイズは1-1/8インチ、大きいフレームサイズは下ワン1.5インチのテーパーヘッドと使い分けられています。

17_VR40_mat_asid_green_toptube

変わったところでは、トップチューブにもボトルケージ台座と同じアイレットが。これは、ここにもボトルケージが取り付けられる……というよりは、ボトルケージ台座を利用するタイプのストレージを取り付けるためのようです。

以下、VRシリーズのラインナップを紹介します。数字一桁のモデルはカーボンフレーム、二桁のモデルはアルミフレームです。

●VR 1(フレームセット)

VR 1VR 1

フレーム:UHC Advanced+TeXtremeカーボン、BB386、12×142mm Syntaceスタイルスルーアクスル、フラットマウントディスク フォーク:UHC Advanced+TeXtremeカーボンモノコック、カーボンコラム、フラットマウントディスク、12×100mm Maxle サイズ:430、470、510、540、560 カラー:マットアクア 重量:N/A 価格:288,000円(税別)

●VR 3

VR 3VR 3

フレーム:UHC Advanced+TeXtremeカーボン、BB386、12×142mm Syntaceスタイルスルーアクスル、フラットマウントディスク フォーク:UHC Advanced+TeXtremeカーボンモノコック、カーボンコラム、 フラットマウントディスク、12×100mm Maxle コンポーネント:Shimano Ultegra クランクセット:Rotor 3D30 Adventure 46/30T ホイール:3T Discus C35 Pro BLACK タイヤ:Challenge Paris-Roubiax OT、300tpi、700×27c サイズ:430、470、510、540 カラー:テクストリーム 重量:8.67kg(540mm) 価格:378,000円(税別)

●VR 5

VR 5VR 5

フレーム:UHC Performanceカーボン、BB386、12×142mm Syntaceスタイルスルーアクスル、フラットマウントディスク フォーク:UHC Advanced カーボンモノコック、カーボンコラム、フラットマウントディスク、12×100mm Maxle コンポーネント:Shimano 105 クランクセット:FSA Gossamer Pro ABS Adventure BB386 EVO 48/32T ホイール:VR19 ディスク タイヤ:Vittoria Rubino Pro Folding、700×28c サイズ:430、470、510、540、560 カラー:マットカーボン、マーキュリー 重量:8.86kg(540mm) 価格:298,000円(税別)

●VR 6

VR 6VR 6

フレーム:UHC Performanceカーボン、BB386、12×142mm Syntaceスタイルスルーアクスル、フラットマウントディスク フォーク:UHC Advanced カーボンモノコック、カーボンコラム、フラットマウントディスク、12×100mm Maxle コンポーネント:Shimano Tiagra クランクセット:FSA Omega Adventure BB386 EVO 46/30T ホイール:VR19 ディスク タイヤ:Vittoria Zaffiro Folding、700×28c サイズ:430、470、510、540、560 カラー:マットブラック 重量:8.75kg(470mm) 価格:268,000円(税別)

 

        GT ヴァーブ コンプ フルサス仕様でありえない価格で登場! 

 

          2017年MODEL VERB COMP  価格128,000(税抜)

====================================

 

FELT  ARシリーズ開発者インタビュー
 
 
 

モデルコンセプトは?
ロードレーサーでありながら、空気抵抗の低減を最大限追求
AR=aero dynamic roadの略で最先端の技術を用いて設計。
軽量さも追求しながら、高速走行時の抵抗の大部分を占める空気抵抗を削減することで平地と下りの場面で大きなアドバンテージが得られるモデル。

 
 
 
 

どういった使い方を想定していますか?

とにかく新しいテクノロジーが好きな人に乗ってもらいたいですね。
自信を持って世界最先端のロードバイクだと言えます。
特に向かい風の時は空気抵抗の少なさが体感できるほど違います。
平地が多いロードレース、サーキットレースではFシリーズよりも確実にタイムを短縮できます。

 
 
 

こだわりのポイントは?
エアロ性能とロードレースの走行性能の両立です。
ゴール直前のスプリントでの瞬発力、
テクニカルなコースでのハンドリング、
ロードレースで求められる、勝利のための基本性能を犠牲にしていません。
ピュアレーサーから乗り換えたとしても、エアロ性能を享受しながら、思う存分レースでライバルと競うことが可能です。

 
 
 

開発に苦労した点は?
世界最高のエアロパフォーマンスを実現するためのトライ&エラーです。
2008年に初代ARを発売して以来、
ウィンドトンネルに毎日通い、全ての可能性に挑戦しました。
例えば、シートステー内側にウィングをつけるだけで大きく数値が変わりました。
1つづつ変化を確かめて究極のエアロロードを積み上げていったのです。
 

 
 
 

グラフを見て分かるように、
既存のエアロロードを全て並べて実験した結果、2014年5月現在、ほぼ全ての風向きにおいて.
最もエアロ効果が高く、重量あたりの剛性比もトップです。*赤色が新型AR

FELTはエアロロードで他社の5年先を行くテクノロジーの蓄積があります。

 
 
 

究極のエアロダイナミクス
UCIレギュレーションに準拠することが求められるロードバイク
その中で最高のエアロパフォーマンスを発揮。
数々の風洞実験の中で、他を寄せ付けない空気抵抗低減効果が証明されています。

 
 
 

軽量さとエアロの両立
空気抵抗を低減するために表面積が増える傾向にあるエアロロード。
世界最高レベルのエアロ性能を発揮しながら、重量に対する剛性もトップクラス。
スプリント、ヒルクライムでもピュアロードレーサーに負けないパフォーマンス。

 
 
 

ケーブル類も全て内蔵。
高速走行時の空気の流れを乱さない、あらゆるテクノロジーを投入しました。


 

Fシリーズ開発者インタビュー
 
 
 

モデルコンセプトは?
ロードレースでのタイム短縮を徹底的に追及
登り、下り、平地、
全ての走行性能をトータルで高めたオールラウンドピュアレーサー
フレーム魔術師「ジム・フェルト」が設計する軽量かつ高剛性なアルミフレームは1秒を争うレースの最前線でライダーに勝利をもたらします。

 
 F-7
 

どういった使い方を想定していますか?
国内のクリテリウムや耐久レースに出る選手です。
プロ選手の入力にも十分耐える剛性を持つアルミフレームは様々なレースシーンで使えます。
アルミフレームとは思えない振動吸収性があるので、長時間の耐久レースでは後半の疲労が抑えられます。

 
 
 

こだわりのポイントは?
サイズごとにアルミチューブの特性を変更している所です。
Fシリーズはパイプの厚みやバテッドの位置をサイズごとにチューニングしています。
その理由は、フレームサイズによってライダーの身長、体重が大きく異なるからです。
パイプの長さを変えただけでは柔らかすぎたり、剛性が過剰になったりします。
どのサイズに乗っても理想の乗り心地を実現するためにパイプデザインからこだわっています。

 
 
 

開発に苦労した点は?
剛性と快適性の両立です。
硬くて軽量なフレームを設計することはある意味簡単です。
フレームを薄く、大径化すれば出来上がるからです。
そこに疲労を軽減するための振動吸収性を持たせることが我々の求める理想でした。
数えきれないパイプの組み合わせを試してたどり着いたのがFELTカスタムバテッドチューブです。
ペダルの踏み込みをしっかりと受け止める剛性と
路面の突き上げを優しく包む快適性
この2つを超軽量アルミフレームで実現しています。

 
 
 

理想のパワー伝達力
ライダーのペダルワークを最大限スピードに変換
フレームのしなりをコンピューター解析
踏んだ力を最大限ホイールの回転につなげる形状。

アルミの限界を追求
30年に渡りジム・フェルトが追求してきた、
アルミ合金と成形技術の理想形を現実化。
驚くべき軽さでヒルクライムのタイム短縮に貢献します。

 
 
 

正確なコーナリング性能
各フレームのサイズに合わせてデザインされた専用のカーボンフォーク。
ハンドリングにおいて最も重要なフロントフォークはフレームとフォークのしなりを統合して設計。
荒れた高速コーナーでも思い通りのラインを決めることができます。

 
 
 

疲労を抑える快適性
パワー伝達力を最大化しつつ、アルミ素材が不得意な振動吸収性を追求。
100kmを超えるライディングで発生する路面の衝撃から来る振動疲労。
路面からの衝撃をフレーム&フォークでしなやかに吸収。
最後のスプリントの瞬間まで高い集中力を維持できます。

 
 
 

全てのサイズに理想のパフォーマンス
同じアルミパイプでフレームを作った場合
小さなサイズは硬く、大きなサイズは柔らかくなります。
これはライダーの体重から必要とされることと正反対です。
FELTのフレームはパワーの少ない小柄なライダーには適度な硬さ、大柄なライダーには十分な硬さを追求。

トップチューブとダウンチューブの接合箇所
ヘッドチューブのテーパー角度
ダウンチューブ、トップチューブのバテッド箇所
シートステーの厚み
各サイズで最適なチューニングを施しています。



Zシリーズインタビュー
 
 
 

モデルコンセプトは?
ロングライドの走破性を追求。
中、低速域の安定性を重視することで、ツーリングやヒルクライムで高いパフォーマンスを発揮。
Fシリーズに比べて、高いハンドル位置でリラックスした姿勢で走行可能です。

 
 
 
 

どういった使い方を想定していますか?
できるだけ楽に遠くへ行きたいと考える、ソロツーリストです。
プロ選手向けに開発されたFシリーズのテクノロジーはそのままに、
瞬間的な速さよりも、いかに高いパフォーマンスを長時間引き出すかという点にウェイトを置いています。
プロ選手と同じ姿勢を、週末にツーリングやホビーレースを楽しむライダーに望むと、
逆にパフォーマンスを落とすことになります。
普段はサイクリングロードで汗を流して、時々ヒルクライムレースにチャレンジするような人に向けて開発しました。

 
 
 

開発に苦労した点は?
乗り心地を良くすることが難しいアルミ素材を使用し、
快適性を向上させたことです。
ボトムブラケット周辺の剛性を維持しながら、シートチステー、ダウンチューブ、トップチューブの振動吸収性を高めています

 
 
 

こだわりのポイントは?
カーボンフレームに劣らない、ペダリングの軽さを体感できるボトムブラケット周りの設計です。
乗ってみるとバイクの重量以上に走りが軽いと実感してもらえるはずです。
高度なアルミの加工を施し、ダウンチューブをできる限り肉薄・大径化しています。

 
 
 

ソロライドに合わせた速度設計
フォークの角度、ホイールベースを中~低速向けに設計。
Fシリーズの時速30km以上を重視する設計に比べて、
時速15~30kmの安定性を高めています。
特に低速域のふらつきを抑えることで、スピードロスを大幅に低減。
ソロツーリングや山岳コースでの平均速度アップに貢献します。

 
 
 

ロングライドをサポートするアップライトポジション
Fシリーズに比べて高いハンドル位置。
上体が起きた姿勢が取れます。
プロ選手と同じ姿勢で長距離を走った時に生じる、体幹や首の疲れ、痛みを軽減。
風の抵抗は増えますが、結果的に楽に遠くへ走ることができます。

複数の世界チャンピオンを抱える海外チーム

 

Hincapie Sportswear Development Team

FシリーズやDAに乗る、アメリカ屈指のプロコンチネンタルチーム

 

 
 
 

TWENTY16

2016年リオのオリンピックを目指して結成された女性メンバーだけのチーム。

 
 
 

Mirinda Carfrae

アイアンマン2014世界チャンピオン

来年のハワイでも活躍が期待されています。

 

 
 
 

Sarah Hammer

トラック競技世界チャンピオン

 

 

 

 
 

 

 

リアルなユーザーとの交流

 

年間20回以上のイベント出展を通じて、

実際にFELTに乗ってもらい、延べ20万人のユーザーへ直接働きかけています。

 

雑誌での露出

 
 

最近の露出をご紹介します。

 
 
 

バイシクルクラブ

 
 
 

トライアスロンるるぶ

 
 
 

ロードバイクメンテナンス

 

WEBでの露出

 

シクロワイアードでのAR集中インプレッション

記事はこちら

 

 
 
 

機能美溢れるドイツの高品質ブランド「FELT」


             GT  (ゲーリー・ターナー)
 
 
 
 
 
 

街乗りに特化して開発されたMTB 日本限定モデル「アグレッサー 27.5 シリーズ」

 

ディスクブレーキを採用した上位モデル「アグレッサー コンプ 27.5」
カラー:グロスブラック

 この度、街乗り用に開発された新しいMTB、GT BICYCLES「AGGRESSOR(アグレッサー)27.5 シリーズ」が入荷いたしました!

 GTが誇るベストセラーMTB アグレッサーシリーズを、街乗り用に設計してモデルチェンジ。走破性と旋回性能に優れる27.5インチ・ホイール、抵抗が少なく高速走行を可能にする高品質なSchwalbe社製スリックタイヤ、街乗りに最適なショートストロークのフロントフォークと、街乗りに特化した装備を追求した結果、衝撃吸収性を損ねることなく、快適に街を走行する新しいMTBが誕生しました。

 詳細は担当営業までお問い合わせ下さい。

 
 
 

【商品スペック】
・商品名:GT BICYCLES「AGGRESSOR COMP 27.5」
・税別価格:51,800円
・サイズ:XS/S/M/L(※)
・カラー:グロスブラック/チャコール
・フレーム:アルミ
・フォーク:SR SUNTOUR M3030
・コンポーネント:Shimano Altus 21段変速
・ホイール:Jalco
・ブレーキ:Tektro 機械式ディスク
・タイヤ:Schwalbe BigBen 27.5×2.0

※XS,Sサイズはシート部周辺のフレーム形状が写真と異なります。トリプルトライアングル仕様ではありません。

【商品特徴】
・走破性と旋回性能を両立した最新の27.5インチ・ホイール。
・舗装路において高速巡航性能を発揮するスリックタイヤ。
・27.5×2.0インチサイズのタイヤはエアボリュームが多く快適な乗り心地を実現。また路面との接地面が広いため、安定性が高く不意な段差も安心。
・リフレクティブサイドのタイヤなので、ライトと併用することで360度の視認性を確保。
・街乗り中心の使用を想定し、無駄の少ないショートストロークのサスペンションを装備。

 
 
 

27.5×2.0インチサイズのタイヤはエアボリュームが多いので
他のカテゴリーでは得られない快適な乗り心地を実現。

 

【カラーバリエーション】

 

カラー:チャコール

 

【ラインナップ】

 
 

Vブレーキを採用したエントリーモデル「アグレッサー スポーツ 27.5」

 
 

カラー:マットブラック

 
 
 

カラー:グロスホワイト