アウトドアが気持ちいいシーズン。自転車があれば行き先はもっと広がるはず。お気に入りの1台を見つけて、風になってみませんか。
 
            オルベア 2019
 

 
自転車業界では珍しいスペインを拠点にする総合バイクメーカー「オルベア」
1840年創業。スペイン・バスク地方でオルベア兄弟が武器や鋼管の製造からスタート。 1920年に自転車を作りを始め、幼児用バイクから高級スポーツ車まで手掛けるスペイン最大規模の総合自転車メーカー。 オルベア社のモノづくりに関する方針はきわめてシンプル。自転車にまつわる全ての製品を、お客様が求める機能性と品質で供給することである。

オルベアの最高級シリーズ“オルカ”に、空気抵抗を低減した“オルカ・エアロ”がラインナップに加わった。今シーズンから適用されたUCIの新ルールに則った最新のスタイリングを採用。 モンドラゴン大学と共同開発した風洞実験室を使ってフレームをデザインし、オルベア史上最強の剛性を誇り、パワフルなライディングスタイルにも負けない力強さを兼ね備えている。ブレーキはダイレクトマウント方式を採用して整備性を確保、エアロだけでなく総合的な高性能化を果たしている。

ORCA_AERO_BLACK


オルベア ORCA AERO  Myoオルベア2019モデルを見て カラーオーダーのデザインが良いです。
 
マイオーは2015年から始まったシステムで、ラインナップしているバイクの上位グレードで選ぶことができる。公式ウェブページのウェブブラウザ上で車種ごとにカラーやコンポーネントをシミュレートすることができるのが特徴。2019年モデルでは選べるカラーやコンポなども増え、ブラウザでのビジュアルも向上したという。アップチャージは税抜2万円となる。当初は出荷量全体の25%程度だったが、現在は50%以上の規模まで大きくなり、認知度も広まっているという。ディエゴ氏も「ここまでの規模になるとは思わなかった」と驚きを隠せない。

いよいよ2019年モデル秋に上陸が始ます。
 

■ カレラ
■ ER-01 Disc


 
 
カーボン・フレームのDiscロードを作るならこのER-01 Discがおすすめです。
店長一押し 驚きの価格設定です。 フレームセットで¥128,000(税抜)
 
  
     CARRERA   2018モデル発表! ER-01
 

詳細カタログは写真をクリックしてください。





 


2017年 カレラが放つ衝撃のカーボン
フレーム!気軽に乗れるエンデューロ思考なバイクER-01です。
カーボンフレームはプリプレグT-700 SC HM M30J HS 60T
フォークはFF06 SC SHM 1-1/8-1.5” BBは安心のBSA
フレーム重量は1150gとツーリング仕様を考えると丈夫で使い良い仕上がりになっています。

 
 
 
 驚きの価格設定です。 フレームセットで¥98,000(税抜)
 
戦うホビーレーサーとロングライダーの最終兵器
週末ライダーやホビーレーサーはトッププロのような練習はできません。 限られた時間の中で最高のパフォーマンスを発揮し、できるだけ疲労を残さずに快適に乗れるバイクが必要で、それは長距離を楽しむライダーにも共通しています。 ポジションについても、プロのようにはいきません。 これらの課題に正面から取り組んだバイクがER-01です。 ジオメトリは前傾姿勢を浅くして疲労を最小限に抑えられるように、スタックとリーチを小さくしました。150㎝台のライダーもしっかりとレーシングポジションをとれるXXSサイズも用意しました。 一方でフレーム素材や性能には一切妥協がありません。A380やB787といった航空機と同じ製造技術で、融点の高いブラッダーを用いたPUシェルを採用しています。 高強度、素材疲労の低さによって、最高レベルの信頼性、耐久性が達成されました。 イタリア国内のカレラのホビーレーサーは年間2万キロ以上乗っています。そういったライダーをターゲットに開発された、ミドルグレードの性能を持つバイクです。 間違いなく、カレラ史上最高のコストパフォーマンスを誇るレーシングバイクです。

ER-01= Endurance & Racing(エンデュランス&レーシング ※エンデュランスは、耐久のこと)

 ===========================================
 
カレラの山岳バイク、SLの最終形
剛性を損なわずに軽量化を進めていくと、真円のチューブ形状にたどり着きます。 軽量かつ高剛性というだけではなく、さらにエネルギー伝達効率やパフォーマンスを最高にするために、楕円や小さな直径のチューブ形状も採用しています。 なかでもシートステイとチェーンステイが特徴的です。 シートステイは薄くて平らになった断面形状で、左右のシートステイはシートチューブの外側で接合されています。 さらに接合部分の素材にも工夫を凝らして、ねじれに対する剛性を向上させました。 チェーンステイは左右非対称の構造で、左チェーンステイにはより多くの素材を使用して剛性を上げています。 山岳バイクは下りの性能も問われます。SL7のハンドリングは山岳コースの下りでも安定したパフォーマンスを発揮します。 シンプルな見た目からは想像できない、山岳スペシャリストのためのスーパーマシンです。

SL7 = Super Light 7(7は2017から)





 
 

こちらは塗装が塗られていないSL7です。
 
 
 2017年 話題のニューモデル!
 
 フレーム T800HM-HS 60TSHM
XN60 Special nano
 
 BB86  フレーム重量900g
 
 価格¥250,000
 

 
                  Carrera      2016Model
 SL950 イメージ写真

SL950/ULTEGRA完成車 ¥330,000(税抜)
SL950/105完成車 ¥295,000(税抜)

==========================================


   AR-01



 
1989年に元プロ選手のダビデ・ボイファヴァとルチアーノ・バラキによって設立。 設立趣旨は明快。自転車愛好家たちの夢をかなえることである。 フィットネスを手に入れることができる喜びに加え、ワクワクできる最高品質の製品を提供する。その品質は500勝を超えるプロレースでの優勝に裏付けられている。 一言でいえば、他には真似のできない、真のイタリアン・テイストを運んでくれるバイクである。
                                                                 力強いERAKLE AIR


 

グランフォンドのために設計されたバイク

長距離かつ厳しい山岳も含まれるグランフォンドの為に設計されたバイクSL950。加速 、減速 、ハンドリングというライダーの意思を忠実に反映します。快適性が高くロングライドを心ゆくまで楽しめます。
技術と使いやすさを高いレベルで統合

レースから日常のライデイングまで様々な状況で最高のパフォーマンスを追求して作った自転車です。高い技術を用いながら使いやすく、品質と価格のバランスがとれたモデルです。ソリッド・カーボン技術を駆使することで、局部的にストレスが集中することのないフレーム構造を可能にし、軽量で剛性の高いモデルとなりました。様々なセットアップを可能にする、とても面白いモデルで、技術と経験、職人芸とも呼べる知識が結集した使いやすい自転車です。高圧オートクレーブで異なるカーボン繊維を重合させ、振動吸収性能を高めた後ろ三角を採用することで、荒れた路面でも快適な走行を約束するモデルです。

SL950/ULTEGRA完成車 ¥320,000(税抜)
SL950/105完成車 ¥290,000(税抜)


         カレラ NITRO SL 105完成車 2016モデル
 
多くの状況に対応できる最上級のパフォーマンスを備えるように設計されました。
レースから家の近くでのサイクリングにまで対応します。
テクノロジー、経験、職人的技術を注ぎ込んだモデルです。
 NITRO SL 完成車 2016モデル
カラー ホワイト、ブラック
価格 260,000円(税抜)
サイズ XS、S、M、L

CARRERA_NITROSL20150318.jpg

 
           ORBEA ORCA OMP  2016
 

ORBEA ORCA OMP
105仕様 : 価格¥360,000(税別)
フレーム剛性やジオメトリーなど違いのある2系統を用意。レース性能を突き詰めたものが「OMR」で、快適性を重視したものが「OMP」となる。
OMPのフレームセットが320,000と考えるとお値打ちです!

======================================

    ORBEA AVANT HYDRO    105、ティアグラ、SORA、クラリス・FB
   CARRERA  PHIBRA EVO  2015  続々入荷中!サイズ・カラー選べます!
 
        まさにイタリアンデサイン! これからの季節、山に海に!