MOUNTAIN BIKEにハマりそう!

日本ではロードバイクが認知されていますが欧米ではマウンテンバイクが主流です!


 COMMENCAL  META HT AMEssential 価格(税別)¥89,800 フレーム
クロモリとは真逆の、ソリッド感を持ったアルミハードテイル。山の中でラグジュアリーな感覚など必要ないというポリシーを持ったあなたに。リアに"BOOST" 規格を採用、148x12mm / 2.8 インチ幅のタイヤによる剛性とグリップの調和が、あなたの心をがっちりと掴んでしまうに違いない。大きなギャップでも" ハードテイルだから"とは言わせない、さあ META HT AM の準備は整った。武骨な乗り味と山の景色のコントラストがあなたの五感を虜にする。


 2017年MODEL VERB COMP  価格128,000(税抜)

2018 VERB ELITE 148,000円(税抜)

熟成されたiドライブを搭載、風のような走りのトレイルバイク

ヴァーブはフルサス・ハードテイルMTBのどちらを選択すべきかに悩むライダーに対する回答だ。フルサスバイクは走破性に優れるが、十分な推進力を掛けることが初心者ライダーには難しい。ヴァーブは i-Drive システムによってその問題を解決し、誰もが手頃な価格で高性能フルサスペンションバイクを楽しむことを可能にする。



ZESTY AM 327
<noscript>&amp;amp;amp;amp;lt;li class="defaltImg"&amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;lt;img src="img/pic_2016_ZestyAM327.jpg" alt="ZESTY AM 3271" /&amp;amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;amp;lt;/li&amp;amp;amp;amp;gt;</noscript>

=============================================

MTBの魅力は何といってもその名の通り山、ダートを走ることにある。山の中を、木立を縫って駆け抜ける、丘を越える、山頂に立つ。自然を感じる。風を感じる。1mと同じ顔を見せないダートを、大地を感じる。バイクコントロール(バイクの挙動を、スピードを操るテクニック)の楽しさ、難しさ。スピードの快感。それらが自分の力で得られることの達成感。自転車ってすごい。人間の”力”だけで1日200kmも走ったり、80kmもスピードの出せる道具って他にある?ちなみに”バイク”といったら英語で自転車のことね。最近のMTBではサスペンションや、ディスクブレーキなどメカにも幅が増え、メカ好きにもたまらない。そんなMTBだが、実際は街乗りで使われていることが多いようだが・・・。一度山を走ってみよう!とは言っても、MTBのフィールドはもちろん山だけはでない。自転車のスピードってのは、速すぎず、遅すぎず、なんだか人間のフィーリングに合うんだな。人が歩くようなじれったい遅いスピードでなく、車で通り過ぎてしまうような速いスピードでなく、何か気になるものがあればUターン、止まればいい、一方通行やうざったい規制なんて無い。自由なんだ。街中の足にも、時間に余裕があれば自転車旅行なんてのも最適だ。

また環境問題やアウトドアブームの中で自転車、MTBが取り上げられることが多かったが、最近はファッション誌でも見かけることも多い。山を走るスポーツの道具という意味でなく、街を走る生活の道具、アイテムとしてファッション的に受け入れられているようだ。MTBの遊び心あふれるデザインやメカ、カッコ良さ、アクティブさは人を魅きつけるのだろう。

<dl class="L1"><dt>PRO RACE 227</dt></dl><noscript>&amp;amp;amp;lt;li class="defaltImg"&amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;lt;img src="img/pic_2016_ProRace227.jpg" alt="PRO RACE 2271" /&amp;amp;amp;gt;&amp;amp;amp;lt;/li&amp;amp;amp;gt;</noscript>

============================
マウンテンバイクには大まかに3つの種類があります。 フルサスペンション:前後ともにサスペンションがあり、山道の凸凹を苦にしない安定感 ハードテイル:前にのみサスペンションがあり、スピードが犠牲にならないので街乗りにも○ フルリジッド:前後共にサスペンションが無いため、近年はあまり見かけない



また、用途の例としては下記のようになります。
クロスカントリー:<主にフルサス&ハードテイル>上り下りのあるコースを走ります。 ダウンヒル:<主にフルサス>コースを一気に下る。基本的に上りの概念はありません。 オールマウンテン/エンデューロ:上記2種目より長距離を走る場合が多い、クロスカントリー向けよりも機動性を求めたトレイルバイクを用います。
  

 

大自然の中を疾走する爽快感が魅力

マウンテンバイクの魅力は、なんといっても大自然の中をスピードを持って駆けぬけることができる爽快感。マウンテンバイクの体験ツアーでは、地元の自然を知り尽くしたガイドが、四季の移り変わりに合わせたオススメスポットに案内してくれます。大自然の中、マウンテンバイクで風をきって進めば、身も心もリフレッシュできること間違いなしです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<dl class="L1"><dt> </dt></dl>