2019        cinelliは永久に不滅です!
 
チネリは過去の栄光!などと言う人がいますが、チネリは過去も現在も未来も確かなチネリです!過去に溺れず確実に進化して来ています。チネリの魅力は奥深いものがあります。ある意味シンプルで美しく乗りやすいBikeだと思います。なにしろ乗りたい魅力ある自転車です。 「自転車は流行を追う必要はまったくない。あくまでもレースのための機材なのだ」という思想のもと、自転車界を先導する数多くのイタリアンバイクを生み出してきたチネリ。一方、デザインに重きをおいた自転車作りをすることにより、より人間的な自転車を作り上げる事にも成功した。 「ひとつひとつの製品がアイディアを持ち、かつ愉快であること。」この言葉からチネリのスタイルが生まれてゆき、「ひとりひとりが夢の自転車を手に入れること。」という目的地を追い求めている    

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////  
                                Cinelli   ROAD   2019
 
          2019 イクスピリエンス・フレーム入荷!
大注目されたイクスピリエンスが入荷。 今年はレッドとグレイの2カラー。非常に美しく輝いています。 ルックスよし、走りよし、価格よしの三拍子揃って登場です!

2019年イクスピリエンス2色(レッドライト、エブリシング ターンズ グレイ)にフル105(R7000)完成車が登場です! 2019cinelli_bike_experience-red-700.jpg 2019cinelli_bike_experience-700px.jpg

   ビギナーから上級者までアルミロードでシャキッと走りたい方断然おすすめ! 
       チネリからロード始めるのに最適な1台! うれしい価格168,000円(税抜)
================================================   VIGORELLI  ROAD  2019   
2019年モデルで店長の一押し! ハイセンスでチネリの主張が良く出ていますね!
詳細カタログは写真をクリックしてください。
 


       
チーム・チネリクローム・ヴィゴレッリスチールのロード版レプリカです。 2016年にクリテリウム・ライダーの間で高い評価を受けたヴィゴレッリ・スチールは、専用コロンブス・スローンチューブによる優れたハンドリングと新世代のクリテリウム・ジオメトリー(高めのBB、ピスト用後三角とシートチューブ角、ヘッドチューブはロード用を採用し、つま先が前輪に干渉しないように前フォークのオフセットを調整)。 このヴィゴレッリ初めてのロード・バージョンは、変速器付き自転車に慣れている人にもまったく違和感がないモデルに仕上がっています。
 
クロモリのフォルムを十分体感できるヴィゴレッリロード!
あらゆるコンポーネントで店長は組み上げます。設計に余裕がある9速SORAで組んでもOK!
または、フラットバーの11速で仕上げるのもおもしろい!なにしろ自由!フロント・シングルでもセンス良く出来上がりますよ!
予算に合わせて自由設計です。

2019モデルはパープルハートがニューデザインです!ロゴが虹色に光り輝く!
  魅力はコロンブスのクロモリチューブであること。価格が¥105,000であること。そして何より
このデザインにやられてしまいました。下駄代わりにcinelliいいですね!  

2019 パープルハート入荷です!
                 2018  チネリの人気グラベルバイク・ジデコ   ZYDECO   
  

『グラベルロード』最近よく目にする言葉ですね。一言で言うと砂利道を快適に走破できるタイプのロードバイクのことですが、オンロード走行に最適化されたロードバイクと見た目は全く一緒でも実はフレーム設計やパーツ構成が全く違います。ロードバイクが今日のように身近になる以前は『ロードレーサー』とも呼ばれ、ロード=レースに直結した乗り方が当たり前であり、実際メーカーでもレーサーバイクを中心としたラインナップが続いてきました。スポーツやフィットネス用途など、世界的にロードバイクの乗り方、楽しみ方が大きく変わった今、ロードレースだけでなくロングライドやツーリングなどドロップハンドルバイクで様々な場所を走ってみたいというニーズは強くなっています。チネリのジデコは毎年個性のあるデザインが人気!

  ラスト1台  XLサイズ Cafe  SALE! TELにて!

  2019モデル! チネリの人気グラベルバイク・ジデコ   ZYDECO   SRAM APEX         毎年早い時期に完売するモデルです。チネリらしい逸品をどうぞ!
     ZYDECO スラム1X完成車  ¥200,000 毎年すぐ完売してしまいますので、お早めに!
 
    SUPERCORSA FRAME SET   旧ロゴのスペシャルバージョン
   
               EXPERIENCE 2019 チネリの定番アルミフレーム!
 


 フレームセット ¥75,000税抜き    2019モデルは赤とグレー
   
                                        2019   CINELLI  !
   
スーパーコルサ  カラー、サイズ現在あります!今年はチャンス!
  
         Cinelli ストラート ワイアード  カレイドカラー
 











カラーはカレイドです。 紐にも電動にも対応し、ケーブル類は全てインターナルルーティングになっています。プレスフィット86.5BB シェル幅一杯とまではいかないまでも、各チューブの集合部は逞しい造形となっています。Very Best Of に次ぐセカンドモデルとして、航空機にも使用される高品質のカーボン素材を採用したレース用フレーム。プレスフィット86.5BB やコロンブス製の上下異型(1-1/8-1-/12)コラムを持つフロントフォークで運動性能を高めているとのことです。
cinelli「自転車は流行を追う必要はまったくない。あくまでもレースのための機材なのだ」という思想のもと、自転車界を先導する数多くのイタリアンバイクを生み出してきたチネリ。一方、デザインに重きをおいた自転車作りをすることにより、より人間的な自転車を作り上げる事にも成功した。 「ひとつひとつの製品がアイディアを持ち、かつ愉快であること。」この言葉からチネリのスタイルが生まれてゆき、「ひとりひとりが夢の自転車を手に入れること。」という目的地を追い求めている。
他のBikeではないチネリのモダンデザインです!コンポーネントは何でもOK!チネリで走る楽しさを味わってください。不満のない逸品になるはずです!
カスタム応談 予算に合わせて自由設計です。
                    カレラ 2019
 
イタリアのレーシングバイクブランド、カレラが4年ぶりに大幅な進化を果たし、軽くエアロとなった次世代バイクPHIBRA”NEXT”上陸! 2008年に発表された「フィブラ」は、トップチューブからシートステーまでがそれぞれ弓なりとなった「ダブルアーチ構造」は、サイクリストに大きなインパクトを与えた伝説的な1台だった。そこから10年、今回の「フィブラ・ネクスト」はこれまでの“伝統”を守りながら、よりレースに出場するサイクリストを意識する1台となった。まずダブルアーチの上部、トップチューブのカーブをわずかに緩め、フィブラシリーズとしては初めてUCI規定をクリアしたという。さらには扁平されたトップチューブは今モデルで約1cm幅が狭くなった。フィブラ・ネクストは『乗って楽しむ』ことを目指し、テクノロジーの進歩を与えた。
■PHIBRA NEXTフレームセット 税抜価格:280,000円 サイズ:XS(450)、S(490)、M(520)、L(550)、XL(590) フレーム、フォーク:カーボン カラー:A9-171、A9-172、A9-173 BB:PRESS FIT86x41 フレーム重量:990g(サイズM) シートポスト:専用エアロシートポスト (電動コンポーネント対応、カーボンインテグレーティッドチェーンステイ)

                     2019   カレラ
 1989年に元プロ選手のダビデ・ボイファヴァとルチアーノ・バラキによって設立。 設立趣旨は明快。自転車愛好家たちの夢をかなえることである。 フィットネスを手に入れることができる喜びに加え、ワクワクできる最高品質の製品を提供する。その品質は500勝を超えるプロレースでの優勝に裏付けられている。 一言でいえば、他には真似のできない、真のイタリアン・テイストを運んでくれるバイクである。
    カーボン・フレームのDiscロードを作るならこのER-01 Discがおすすめです。 店長一押し 驚きの価格設定です。 フレームセットで¥128,000(税抜)          
 CARRERA    ER-01  
詳細カタログは写真をクリックしてください。
 
2017年 カレラが放つ衝撃のカーボン フレーム!気軽に乗れるエンデューロ思考なバイクER-01です。 カーボンフレームはプリプレグT-700 SC HM M30J HS 60T フォークはFF06 SC SHM 1-1/8-1.5” BBは安心のBSA フレーム重量は1150gとツーリング仕様を考えると丈夫で使い良い仕上がりになっています。        驚きの価格設定です。 フレームセットで¥98,000(税抜)   戦うホビーレーサーとロングライダーの最終兵器週末ライダーやホビーレーサーはトッププロのような練習はできません。 限られた時間の中で最高のパフォーマンスを発揮し、できるだけ疲労を残さずに快適に乗れるバイクが必要で、それは長距離を楽しむライダーにも共通しています。 ポジションについても、プロのようにはいきません。 これらの課題に正面から取り組んだバイクがER-01です。 ジオメトリは前傾姿勢を浅くして疲労を最小限に抑えられるように、スタックとリーチを小さくしました。150㎝台のライダーもしっかりとレーシングポジションをとれるXXSサイズも用意しました。 一方でフレーム素材や性能には一切妥協がありません。A380やB787といった航空機と同じ製造技術で、融点の高いブラッダーを用いたPUシェルを採用しています。 高強度、素材疲労の低さによって、最高レベルの信頼性、耐久性が達成されました。 イタリア国内のカレラのホビーレーサーは年間2万キロ以上乗っています。そういったライダーをターゲットに開発された、ミドルグレードの性能を持つバイクです。 間違いなく、カレラ史上最高のコストパフォーマンスを誇るレーシングバイクです。

ER-01= Endurance & Racing(エンデュランス&レーシング ※エンデュランスは、耐久のこと)
 

                          CARRERA  VELENO TS 
 

ヴェレーノTSは、最先端テクノロジーと四半世紀以上に渡ってロードレーシング・フレームを製造してきた経験と知識から生まれました。カレラの研究開発部門は反応性、精度、快適性が高いレース専用バイクを開発してきました。 その努力の結果、ねじれ剛性に関しては一切妥協のないモノコックフレームができました。 カレラ独自のカーボンの積層をフレーム全体に使うことにより、フルパワーのペダリング時にも路面からの不快な振動は消し、ライダーの疲労を最小限にとどめます。 さらに、加速時の反応がいいフレームだけではなく、思いのまま操ることのできる素直な乗り味のフレームです。 ヴェレーノTSは競技者だけでなく、先端テクノロジーやイタリアの職人的なフィッティングを求めるグランフォンド・ライダーに理想的な自転車です。 ジオメトリー、走りの精度、快適性、コストパフォーマンスにおいても新たな地位を築いたモデルです。

 
シルバー・グレーの落ち着いた雰囲気のフレームです。良いセンスですね! 兄貴分のSL950に肉薄した性能でコスパが非常に優れています。
ヴェレーノTSは競技者だけでなく、先端テクノロジーやイタリアの職人的なライダーが求めるグランフォント・ライダーに理想的な自転車です。ジオメトリー、走りの精度、快適性、コストパフォーマンスにおいても新たなる地位を築いたモデルです。

予算に合わせ、好みのコンポーネントでいかようにもMyBikeを完成することができます。        Cafe  SALE! 105・R7000  ¥248,000(税抜)                105仕様でも十分楽しいバイクです。

 
 
                KOGA  A-Limited アルミ最強モデル!
 
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 シマノNEW-R8000でまとめたい!オールラウンド・モデルの決定版!
 
超軽量アルミフレームモデルとして登場した A-Limitedの発売が決定いたしました。KOGAが長年培ってきた金属フレームのノウハウを惜しみなく投入し、軽量化でありながら、金属系ならではの硬質感と驚きの振動吸収性を兼ね備えた逸品。2017年モデルは塗装処理(ペイント仕上げ)に変更することで、価格を抑えてご用意致します。

KOGA A-Limited  

フレームセット   ¥149,800(税別)

blueモデルKOGA A-Limited ラスト1本 サイズ470(531 Top)
Cafe Sale ¥119,800(税別)フレームセット
Cafe Sale R8000 11s 完成車  ¥269,800(税別)   素材は6069アルミ、重量は1130グラムとなっています。コガはすでに他社がフルカーボンになっているときでも、スカンジウムアルミフレームで頑張っていた歴史があります。で現行ラインナップのキメラAL6069も優秀です。最近のアルミフレームを見ているとCAAD10は過去のモノでTCR SLRとかGF02などより軽くて方向性のはっきりしたものが増えてきましたね!そしてAリミテッドですから、そりゃもう期待できますね!  チューブはハイドロフォーミング加工していますが、断面形状に色々と手を加えていますが基本的にストレートなシルエットになっています。ヘッドチューブはもちろんのこと、前三角はかっちりと、シートステーは極細という近代フレームのセオリーを踏襲しています。さらにシート集合部の交点をずらしていて、快適性を向上させようという意図が伺えます。このシルエットが好印象です。